2017年のおすすめ格安SIMを比較・検討してみました

記事のシェアはこちらから。

2017年9月時点でどの格安SIMがおすすめか、比較・検討した結果を紹介しています。

私は現在BIGLOBE SIMを使っています。

このBIGLOBE SIMですが以前に東京に居た時は速度が出ており不満はなかったのですが、引っ越して名古屋に来てからはLTEなのに3G程度しか速度が出ず使い物にならなかったため、変えたいと思っていました。

ただ、格安SIMについて今はどこのサービスが良いか分からなかったため、今ある格安SIMで一番自分に合ったものを探すために比較・検討を行いました。

この記事では、その内容を紹介しています。

スポンサーリンク

格安SIMの比較・検討

2017年9月時点で、どの格安SIMが良いのかを色んなサイトを見ながら調べました。
一番参考になったのはこちらのサイト。

格安SIMを使う上で一番重要となる速度について正確に計測し比較されています。
記載内容が正しければですが。

ただ、非常に記事が長いので「まとめ:速度比較から導き出されるオススメMVNO」の箇所を見たところ、

  1. Y!mobile
  2. UQ mobile
  3. NifMo
  4. mineo

の順でおすすめされていました。

それぞれについて簡単にまとめると、

Y!mobile

  • SoftBankのサブブランド
  • 親のSoftBankの回線が使えるので、一日中高速通信が出来る
  • 定額通話やキャッシュバックがUQ mobileより良い

UQ mobile

  • auのサブブランド
  • 親のauの回線が使えるので、一日中高速通信が出来る

NifMo

  • 大手プロバイダのNiftyによるサービス
  • 回線は他社のを使うため、混雑時(昼など)は低速
  • docomo回線が使える
  • 定額通話やキャッシュバックがmineoより良い

mineo

  • 関西電力の100%出資子会社のケイ・オプティコムによるサービス
  • 回線は他社のを使うため、混雑時(昼など)は低速
  • docomo、au回線が使える

です。

これらの比較を元に、どの格安SIMにするか検討しました。

私はmineoにした

上記4つの格安SIM業者のうち私は、mineoを選びました。

主な理由は、docomo回線を使いたいからです。
私は冬には毎年スキーへ行くので、雪山で繋がるdocomo回線が必須だからです。

Y!mobile、UQ mobileは一日中高速通信が出来る、という所に凄く惹かれましたが上記の理由により泣く泣く対象外にしました。

また、NifMoにしなかったのは、名前をあまり聞かないからです。
プロバイダ大手のNiftyのサービスなので、あまり気にする必要はないと思いますが。

まとめ

2017年のおすすめ格安SIMを比較・検討結果をまとめます。

  • 山や田舎に強いdocomo回線でなくて良い場合は、一日中高速通信が出来るY!mobileUQ mobileがおすすめ。
  • どちらにするかは、Y!mobileの方がキャッシュバック等の特典が良いことや、どちらのキャリアの回線を使いたいか(Y!mobile : SoftBank回線、UQ mobile : au回線)、などから判断して決めると良い。
  • docomo回線が使いたい場合は、NifMomineoが良い。ただし、Y!mobileとUQ mobileと比べると混雑時(昼など)は遅い。
  • どちらが良いかというと、NifMoの方がキャッシュバック等のサービスが良いが、mineoの方が知名度があるので、個人的にはmineoをおすすめしたい。

みなさんが格安SIMを選ぶための参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事のシェアはこちらから。

フォローはこちら。お気軽にどうぞ!

このブログを応援する。