スポンサーリンク

ブラウンダスト:アリーナのランクと編成・陣形まとめ

ゲーム

私がブラウンダストのアリーナ/新星アリーナをプレイした際に実際に使った、編成・陣形についてその時のランクと共に紹介しています。

私は、

  • 2019年1月末からブラウンダストを始めた
  • リセマラでルシウスを入手

したプレイヤーです。

始めたばかりの初心者プレイヤーの方に参考にして頂けたり、「俺も初心者のうちは大変だったな~」と昔を懐かしむ気持ちで見て頂けたら嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アリーナ

プレイ開始14日目:シルバーⅠ

プレイ開始14日目:シルバーⅠ

こんな編成でシルバーⅠまで上がりました。

相手の一番上の列には必ずウンランがいるので、「上の列の後ろ2マス目にキャラおいても無駄!」ってことで置いていません。

この辺りだとヘルがじゃんじゃん敵を倒してくれるので特に苦もなくここまで来れましたが、次第に「スルー」持ちのキャラにアタッカーが倒されまくるようになり、この編成ではここで限界となりました。

ヘルは新星アリーナや、ストーリー、悪魔城でも活躍するので、「アリーナで勝てねー」と悩んでいらっしゃるプレイヤーの方は、とりあえずヘルを入れてヘルのスキルレベルを優先して上げると良いと思います。

プレイ開始21日目:ゴールドⅢ

プレイ開始21日目:ゴールドⅢ

ガチャでバルトールを引き、覚醒させて最前に置くようにしたらゴールドⅢに上がれました。ベロニアもポロっと出たので組み込んだりしています。

ただ、「スルー」持ちのキャラにはまだ対応できず、辛い日々を過ごします。

プレイ開始30日目:ゴールドⅠ

プレイ開始30日目:ゴールドⅠ

相手のセイルに攻撃が吸われ続け、しかも最後まで倒せない、という状況が続き「アタッカーが必要だ!」ってことで、傭兵合成でギュンターを入手して組み込んだらゴールドⅠに上がれました。

星4のセレスも出たので支援も少し入れ替えています。

プレイ開始35日目:プラチナⅢ

プレイ開始35日目:プラチナⅢ

プレイ開始35日目:プラチナⅢ_SLv

某掲示板に「ゴールドの壁に悩んでいる人」向けのおすすめ編成が書かれていたので試してみたら、無事にゴールド脱出できました?(実際の所は、プラチナⅢ~ゴールドⅠをループしています)

折角ルシウス持っていても「活かしきれていない」と思っていたので、良くいる2列編成のアタッカーの攻撃を受ける位置に配置した所、役目を果たしてくれるようになりました。

また、セイルを倒すのに攻撃力不足なことが目立ったため支援を3人にした所、セイルを早い段階で倒せるようになりました。

この陣形だとヘルがすぐ死ぬので、リリアンを+3にして交換しても良いかと思いましたが、マイルを貯めて入手予定のセイルと入れ替える予定なので保留中です。

※スキルレベルも分かるように、画像も増やしました。アリネスは星5+9です。

自分用メモ:相手に多い配置

  • 二列編成、上アタッカー:3人
  • 二列編成、下アタッカー:5人
  • 中央編成:5人

もしかしたら、中下段で攻撃を受けてアタッカーは一番上が良いかも?

新星アリーナ

プレイ開始14日目:ゴールドⅡ

プレイ開始14日目:ゴールドⅡ

新星アリーナはヘルさえ強化すれば勝てるので、通常のアリーナで使っている星4を流用して適当にやるだけでランクが上がりました。

キャラは星5で覚醒済みくらいだったかと記憶しています。ヘルのスキルも6くらいだったかと。

とりあえず、新星アリーナはヘルのスキルレベルに比例してランクが上る感じです。

プレイ開始35日目:クリスタルⅡ

プレイ開始35日目:クリスタルⅡ

プレイ開始35日目:クリスタルⅡ_Slv_1

プレイ開始35日目:クリスタルⅡ_Slv_2

ヘルが星6+9になったくらいで、クリスタルⅢ~Ⅱくらいに落ち着きました。

「初めて1ヶ月でクリ帯なら十分」と編成も殆ど弄らず周回ボタンだけ押しています。

ただ、こちらからの攻撃は9割勝ち、防衛は9割負けるので、スタミナが溜まる度に殴り続けなければいけないので大変です。

まとめ

何となく始めたブランダストですが結構楽しめています。

対戦ゲーは好きなのですが、リアルタイム性があると忙しくて大変なので、こういう手軽な感じが気に入ったのかもしれません。

某掲示板では「通常アリーナなんて1ヶ月あればクリ帯行けるだろ」と書き込みがありますが、それはこのゲームを深く理解している人に限定されると思います。

私のフレンドを見ても同じレベルの人はゴールド帯にいるので、これくらいかなと。早くセイルをゲットしてクリ帯で安定したいです!


以上、ブラウンダスト:アリーナのランクと編成・陣形まとめ、でした!

コメント