初心者でも簡単!twitchでゲーム配信を始める方法の全てpart2

記事のシェアはこちらから。

twitchで動画配信を始める時に必要な全ての方法を解説しています。
パソコン初心者の方でも出来るように、解説は画像付きなので安心でしてください。

part1では、twitchでのゲーム配信に必要なアプリ等の説明から、それらのインストールまでを解説しました。

twitchで動画配信を始めようとした時に必要な全ての方法を解説しています。 基本的な配信設定はもちろん、配信画面へtwitchのチャットを表示する方法、チャットを読み上げるアプリの設定、もしっかり解説しています。

part2では、アプリの設定から実際に配信するまでを解説しています。

part2の解説内容を簡単に紹介すると、

  • LimeChatと棒読みちゃんの連携設定
  • OBS Studioの設定
  • 実際にtwitch上での配信テスト

です。

日本はtwitchを配信している人が少ないので、この記事を参考に配信者の人が増えてくれると嬉しいです。

分からないことがあれば、コメントやtwitterからの@飛ばしで気軽に聞いてくださいねー。

スポンサーリンク

LimeChat、棒読みちゃんの設定

LimeChatでtwitchのチャットを取得し、棒読みちゃんで読み上げさせるための設定をします。

LimeChatでtwitchのチャットを取得するための設定

twitchからチャットを取得するためには、「OAuth認証」というものをする必要があります。

1.Twitch Chat OAuth Password Generatorへ移動する

2.パスワード設定画面が表示されるので、「Connect with Twitch」をクリックする

twitch-chat-oauth-password-generator_00

3.パスワードが表示されるので、コピーする

※画像はモザイクをかけてあります

twitch-chat-oauth-password-generator_01

4.LimeChatを起動して、右下にある自分の名前をクリックしてメニューを表示して、「サーバのプロパティ(R)」をクリックする

twitch-chat-oauth-password-generator_02

5.「サーバパスワードを使う(W)」にチェックを入れ、先ほどコピーしたパスワードを貼り付けて、文字コードを「UTF-8」に変更して、「OK」をクリックする

「サーバパスワードを使う(W)」にチェックを入れ、先ほどコピーしたパスワードを貼り付けて、文字コードを「UTF-8」に変更して、「OK」をクリック

6.「Welcome, GLHF!」と表示されるのを少し待つ。表示されれば設定は完了です。

twitch-chat-oauth-password-generator_03

LimeChatと棒読みちゃんを連携する

LimeChatで取得したTwitchのチャットを棒読みちゃんへ渡し、読み上げさせるための設定を行います。

1.棒読みちゃんTipsへ移動する

2.「こちらのスクリプト」をクリックして、ファイルをダウンロードする

LimeChatと棒読みちゃんの連携設定_00

3.ダウンロードしたファイルを解凍しておく

4.LimeChatを開き、「設定」→「スクリプトの設定」をクリックする

LimeChatと棒読みちゃんの連携設定_01

5.「スクリプトフォルダを開く(F)」をクリックする

LimeChatと棒読みちゃんの連携設定_02

6.先ほどダウンロードして解凍したフォルダにある「BouyomiLimeChat.js」を「スクリプトフォルダを開く(F)」で開いたフォルダにコピーする

LimeChatと棒読みちゃんの連携設定_03

7.「スクリプトフォルダを開く(F)」で開いたフォルダにある「BouyomiLimeChat.js」をクリックして出るメニューから「編集」を選択してファイルを開き、「var bNick = true」を「var bNick = false」に変更する

LimeChatと棒読みちゃんの連携設定_05

8.LimeChatのスクリプトの設定画面に「BouyomiLimeChat」が追加されているので、その右側をクリックして「○」を付けて、「閉じる」をクリックする

LimeChatと棒読みちゃんの連携設定_04

9.棒読みちゃんを起動する。初回確認としてプラグインを有効にするか聞かれるので、全て「いいえ」を選択する

以上の設定で、LimeChatに表示された文字が棒読みちゃんで読み上げられるようになりました。

OBS Studioの設定

最後に配信するためにOBS Studioの設定をします。

OBS Studio基本設定

1.OBS Studioを起動し、「設定」をクリックする

OBS Studioの基本設定_00

2.「配信」をクリックし、配信設定画面を開く

OBS Studioの基本設定_01

3.ストリームキーを入手するため、twitchへログインしダッシュボード画面を開き、「配信キー」をクリックする

OBS Studioの基本設定_02

4.「キーの表示」をクリックする

OBS Studioの基本設定_03

5.「承知しました」をクリックする

OBS Studioの基本設定_04

6.配信キーが表示されるので、コピーする

※画像はモザイクをかけています

OBS Studioの基本設定_05

7.コピーした配信キーをOBS Studioの「ストリームキー」へ貼り付ける

OBS Studioの基本設定_06

8.「出力」をクリックし、「映像ビットレート」に「1000」と入力して「OK」をクリックする

OBS Studioの基本設定_07

ちなみに、この映像ビットレートは暫定的な数字です。ご自身の回線環境、マシンスペックに合わせて適宜変更してください。

ちなみに私のネットはADSLなのでここの数字は500にしています。

OBS Studioのゲーム配信設定

ようやくすべての設定が完了したので、ゲームの配信設定をします。

ハースストーンを例に説明します。

1.ハースストーンを起動する

2.OBS Studioを起動し、ソース欄にある「+」をクリックする

OBS Studioのゲーム配信設定_00

3.メニューが表示されるので、「ゲームキャプチャ」をクリックする

OBS Studioのゲーム配信設定_01

4.モードを「特定のウィンドウをキャプチャ」、ウィンドウを「ハースストーン」に変更して、「OK」をクリックする

OBS Studioのゲーム配信設定_02

5.ハースストーンの画面がOBS Studioに表示されるので、表示されたハースストーンの画面をクリックし、「変換」→「画面に合わせる」を選択する

OBS Studioのゲーム配信設定_03

6.そうするとハースストーンが画面に綺麗に収まります

OBS Studioのゲーム配信設定_04

OBS StudioにtwitchのChatを表示する設定

1.OBS Studioを起動し、ソース欄にある「+」をクリックし表示されたメニューから「BrowserSource」をクリックする

OBS StudioでtwitchのChatを表示する設定_00

2.「OK」をクリックする

OBS StudioでtwitchのChatを表示する設定_01

3.streamlabsのChat Boxページの上の方にあるURLをコピーする

OBS StudioでtwitchのChatを表示する設定_02

Streamlabsの設定画面が新しくなっているので、以下を参考にURLをコピーして下さい。

StreamlabsのChatBoxのURLをコピーする

4.コピーしたURLをOBS Studioの「URL」に貼り付け、Widthに「512」、Heightに「1000」と入力して「OK」をクリックする

OBS StudioでtwitchのChatを表示する設定_03

5.Chat欄が表示される場所が赤枠で囲われます

OBS StudioでtwitchのChatを表示する設定_04

配信テスト

1.twitichへログインし、ダッシュボードを開き、配信のタイトルを「配信テスト中」、プレイ中のゲームを「自分がプレイするゲーム」、配信言語を「日本語」にして、アップデートをクリックする

twitch配信テスト_00

2.OBS Studio、LimeChat、棒読みちゃん、を起動する。その後、OBS Studioで「配信開始」をクリックする。そうすると配信が始まります。

twitch配信テスト_01

3.ダッシュボード画面のチャット欄に適当な言葉(ここでは「てすと」)を入力して、プレビューに表示されることや、LimeChatの画面に表示されること、棒読みちゃんで読み上げられること、を確認する。

ちなみに、ゲーム配信にはラグがあるため(3分程度)、チャット欄に売ってもすぐにはプレビューには表示されません。表示されるまで少し待ちましょう。

twitch配信テスト_02 twitch配信テスト_03

4.配信の確認が出来たら、OBS Studioで「配信終了」をクリックして配信を終了しましょう

twitch配信テスト_04

以上で配信テストは終了です。

チャット等が表示されない時

チャット等が表示されない時は、ソースにある目玉がパッチリ開いているかを確認して下さい。目玉に/が入っていると非表示状態なので、クリックして目を開かせて下さい。

ソース非表示 ソース表示

実際に配信する

実際の配信の流れは配信テストと全く同じです。

  1. twichのダッシュボード画面で、配信のタイトルと配信ゲームを設定する
  2. OBS Studio、LimeChat、棒読みちゃんを起動する
  3. OBS Stuidioで「配信開始」をクリックする

以上で、twitchで配信するための全ての作業が完了です。

ちなみに、マイクを使う場合は、OBS Studioの設定画面を開き、「音声」メニューの「マイク音声デバイス」を「既定」に変更してください。

twitch配信でマイクを使うための設定
ここまでお疲れ様でした。それでは良い配信ライフを!

おまけ:ハースストーンのデッキリストを簡単綺麗に作る方法

1.HearthStoneDeckTrackerをインストールする

2.ハースストーン、HearthStoneDeckTrackerを起動する

3.HearthStoneDeckTrackerで、「IMPORT」→「FROM CONSTRUCTED」をクリックする

ハースストーンのデッキリストを綺麗に貼る方法_00

4.「Enter the ‘Play’ menu.(プレイを押してください)」と言われます

ハースストーンのデッキリストを綺麗に貼る方法_01

5.ハースストーンで「プレイ」を押します

ハースストーンのデッキリストを綺麗に貼る方法_02

6.「Select decks to import(インポートするデッキを選んでください)」と言われるので、インポートするデッキを選択し、「OK」をクリックする

ハースストーンのデッキリストを綺麗に貼る方法_03

7.デッキがインポートされました

ハースストーンのデッキリストを綺麗に貼る方法_04

8.配信に使うデッキを選択し、「EXPORT」→「SCREENSHOT」を選択し、デッキの画像ファイルを出力する

ハースストーンのデッキリストを綺麗に貼る方法_05

9.OBS Studioでソースの「+」をクリックして表示されたメニューから「画像」をクリックする

ハースストーンのデッキリストを綺麗に貼る方法_06

10.「OK」をクリックする

ハースストーンのデッキリストを綺麗に貼る方法_07

11.「参照」をクリックし、先ほど出力したデッキの画像を選択して、「OK」をクリックする

ハースストーンのデッキリストを綺麗に貼る方法_08

12.配信画面にデッキリストが表示される

ハースストーンのデッキリストを綺麗に貼る方法_09

13.位置と大きさを調整する

ハースストーンのデッキリストを綺麗に貼る方法_10

以上で、綺麗なデッキリストの表示は完了です。

おまけ:筆者の配信環境

私はこんな環境で配信しています。

パソコン

私はこのパソコンで配信をしています。

周辺機器

  • ヘッドフォン:LOGICOOL ステレオゲーミングヘッドセット G230
  • ブースター:audio-technica マイクロフォンアンプ AT-MA2

ネット回線


以上、初心者でも簡単!twitchでゲーム配信を始める方法の全てpart2でした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事のシェアはこちらから。

フォローはこちら。お気軽にどうぞ!

このブログを応援する。