TOEICは問題を何問解けば何点上がるのか?

TOEICの点数を上げるために淡々と問題集を解く日々を過ごしています。
ですが、自身が成長しているかイマイチ分かりません。

そこで、

「問題を何問解いたら何点上がるのか?」

が分かれば自分の目標に必要な勉強量が計算できるのではと考え、色々と探し回ったところ以下のサイトを見つけました。

TOEIC 700・800・900点に必要な勉強時間と問題数の目安

このサイトの情報が正しいかは分かりませんが、要点だけかいつまむと

「200~300問解けば100点アップする」

と書いてありました。

(加えて、1問解くのに使う時間は1hとも書いてあり(読み取れ)ました。)

私のTOEICの点数は現在300点で、目標は600点です。
つまり、目標達成のためには600問~900問解く必要があると分かりました。

しかし、今までに解いた問題数は200問・・・。

この計算をTOEICの勉強を始める段階にしておけばよかったと思いました。
ただ、試験までは数日しかないので少なくともあと200問は解いて試験に挑もうと思っています!

あとの200点はLoL等の英語ゲームで補えてるという安直な期待も若干してます(汗)
結果が出たら英語ゲームが点数アップに与える影響を考察したいですね。

ではでは、みなさま試験がんばりましょ-!!

スポンサーリンク