多読の記録:Penguin Readers: Level 4 DETECTIVE WORK

penguins-47842_640

Penguin Readersの「DETECTIVE WORK」を読み終えました。

この本はミステリー系でしたので、元々ミステリー好きな私には楽しく読むことが出来ました。

スポンサーリンク

本の概要

A diamond necklace is stolen from a museum. Everyone who works at the museum could be guilty. But who really took the necklace, and why? The police suspect Paul, a young student. So Paul must find the real thief.

(訳)※英語初心者の訳です。

「ダイヤモンドのネックレスが博物館から盗まれた。博物館で働らいていた全ての人が犯人の可能性がある。しかし、誰もネックレスを撮っていない。なぜか?警察は学生のポールを疑っている。だからポールは本当の犯人を見つけなければならない。」

単語数:10,933

読み終えるまでに掛かった時間:8h程度

調べた単語

uncomfortable 落ち着かない
curator 館長
ambulance 救急車
shut (ドアを)閉じる
feet foot(足)の複数形
put on (帽子などを)かぶる
hood フード
as if ~のように
frightened ぎょっとした
pretend (~の)ふりをする
ill 気分が悪い
breathe 息をする
dare 思い切って~する
burglar 不法侵入者
find out 見つける
fetch 取ってくる
waste 無駄にする
pity 気の毒に思う
platform 足場
suppose 見込む
ought ~すべきである
wipe 拭く
recognize 認める
interrupt さえぎる
gardener 庭師
opposite 反対側の
embarrass きまり悪がらせる
hardly ほとんど~でない
lend 貸す
suspect 疑う

おわりに

多読図書を読み、調べた単語を書き出すことで「記憶の定着しよう」と思いましたが、知らない単語が多すぎて書き出すのに時間が掛かりすぎました。

上に書き出したもので3文の1程度です。

と言うより、多読では辞書を使わないことが前提でした。

多読の記録ページを作っていた時に、多読の3原則を読み返して気付きました。

辞書を使って意味を理解しながら読み進めるのが楽しかったのですが・・・。

そのため、次からは多読の基本に従い「ひたすら読む」ことに専念しようと思います。

Level 4では分からない単語だらけでしたので、辞書を引かなくても良かったLevel 2から再スタートします。