2015年までの英語の勉強の取り組み方

keyboard-933090_640

私が英語をちゃんと勉強するようになってから1年経ちました。

最初はただ単に勉強していただけですが、TOEICで高得点を取るための勉強や、英語の文章を書けるような勉強にシフトしていきました。

今では、英語を勉強することが趣味の一つとなり、楽しんで勉強に取り組んでいます。

そんな私が、どんな風に英語を勉強していたのかを、今回ご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

英語を勉強しようと思ったきっかけ

そもそも、私が英語を本格的に勉強しようと思ったかと言うと、

  • League of Legendsというオンライン対戦ゲームにハマり、そのゲームで勝つためには外国のプレイヤーとコミュニケーションを取る必要があったから。

が、一番最初のきっかけだったと思います。

ゲームに勝ちたいがために英語の勉強を始めたのですね。

それから、

  • 「Youは何しに日本へ」や「世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?」などの外人を紹介するテレビ番組を見て、外国に興味を持った。

英語そのものに興味を持ちはじめ

League of Legendsをプレイする時間が無くなり。

  • プログラムを書いている時やコンピュータについて詳しく知ろうとした時に、英語の資料しかないことが多く、何かするのに時間が掛かるようになった。
  • グローバル化が進んでいるため、英語くらいできないといけないと思った。

などの事を思って、本腰を入れて勉強するに至りました。

最初は不純な動機でしたが、英語を勉強するための入り口としては良かったのではと、今では思っています。

目標としていること

ただ勉強するだけでは自分がどれだけ成長したか分からないと思ったので、分かり易い目標としてTOEIC800点越え、を最終的に目指すことにしました。

これまでの勉強方法まとめ

最初に始めたこと

色々なサイトを調べた結果、このサイトの方法が良いと思い、

  • TOEIC対策のテキスト1冊を何度もやり込み、その中に出てくる単語をすべて覚える

という方法で勉強を始めました。

テキストも参考にしたサイトでオススメされている「TOEICテスト新公式問題集」を選び、そのシリーズの中でも一番簡単とされているvol.3にしました。

この勉強方法は2014年7月14日からやっています。

勉強の記録はGoogleスプレッドシートにしています。

toeic-study-log-sheets

当初はExcelにしていましたが、Officeを無料にするためにLibre Office Calcへ移行し、最終的にGoogleスプレッドシートに落ち着きました。

Excelでマクロを作りその日ごとの集計をしていたのですが、Exce、家と外で同じ環境が使えるGoogleスプレッドシートに落ち着きました。

次に始めたこと

一日中テキストをやっていると、流石に飽きて来ます。
そのため、何か他の事をやろうと思い、ペンパルを始めてみました。

こちらのサイトで、同じ趣味の合う友達を見つけメールでやり取りを始めました。

しかし、メールを書くというのは結構な労力を使うもので、メールが途絶えることがあり、これは長続きしませんでした。

私的にはとても楽しかったのですけどね。
メールではなくfacebookなどのソーシャルメディアであれば、長続きしたかもしれませんが、facebookを見知らぬ人に教えることには抵抗があったため、諦めました。

でも、英語の文章を書くことは続けたかったので、twitterで英文をつぶやく、ということを始め、今でも続けています。

このtwitterで英文をつぶやくというのは、ちょっと面白いです。

例えば、こんな感じ。

次の次に始めたこと

英語を勉強していて感じたことは、英単語が覚えられない、ということでした。
そのため、何か良い方法はないかと調べた結果、多読、に辿りつきました。

多読(Extensive Reading 略してER)とは、文章を分析しないで大意を把握する読書法です。
SSS(Start with Simple Stories)の多読法は、従来不可能であると思われてきた英語初級者でも楽しく始められ、楽しく続けられる多読法です。

めざせ100万語!多読で学ぶSSS英語学習法より

私が多読に使っている本は、ペンギンリーダーズという世界中で使われている多読用の図書です。これは、運の良い事に私の家の近くの図書館にあり、無料で使えているのでとても重宝しています。

アメリカの歴史や、ハリーポッターのダニエル・ラドクリフさんの紹介、などといった内容のものがあり楽しく読めています。

次の次の次に始めたこと

2015年の終わりのころにふと見つけた勉強方法、TOEICテキストの内容をひたすら模写する、というものです。

TOEICで高得点を取るための勉強方法

これは、意外と勉強になっています。やはり、手を動かすということは、物を覚えるためにとても重要な事なのだと再認識しました。

おわりに

長々と私の英語の勉強に対する取り組み方をご紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

今回の記事が、同じ英語を勉強している方たちの励みになれば嬉しいです。